トップ

インプラントとは

インプラント治療の事で

インプラントの安全性について

インプラントとは病気や外相など様々な理由で歯を失ってしまった人に対し新しい歯を再建する手術です。具体的には失った歯の根元の顎部分に専用のボルトを固定し、人工歯を骨底するための土台を形成するものです。手術自体は知名度和げており、その安全性も確保されています。歯は神経が通っているため、抜けた後の部分は神経がむき出しと言っても過言ではありません。しかししっかりとした医師のもとで行えば神経を傷つけず、正しくインプラントが可能です。いればという方法もありますが、これによりしっかりと固定が可能となり、より自然な歯を獲得することが出来ます。

人気の治療の安全性について

インプラントは安全性の高い治療方法です。歯周病や虫歯、交通事故などで歯が欠損した場合に行ないますが、入れ歯などに比べて自分の歯と同じように生活できるので人気があります。使われている材質は、外科治療やペースメーカーなど体内に入れる金属のチタンですので問題はありません。インプラント手術は、歯茎に麻酔をかけネジ状になった金属を埋め込み、上に義歯を被せます。部分麻酔だけで不安な方には、点滴で少しウトウトする状態にして行なわれることもあります。手術は入院の必要はなく、日帰りで行なわれます。歯周病などがある場合には金属の定着が悪い場合がありますので、きちんと治療してから行なわれます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療の事で. All rights reserved.